新商品「KOIKEYA Theのり塩、The麹塩」を試食しました その1

2021年11月14日 at 23:19

【本日の試食品】
4514410115309 湖池屋 KOIKEYAザのり塩 56g
4514410115316 湖池屋 KOIKEYAザ麹塩 56g

【POSデータ】

「KOIKEYAザのり塩」の最新週販売店率は59.4%、平均価格139.6円。販売店当たり週販個数は9.46個でした。「KOIKEYAザ麹塩」の最新週販売店率は57.1%、平均価格137.9円。販売店当たり週販個数は8.91個でした。最新週スナックのランキングでは、「ザのり塩」が65位、「ザ麹塩」が71位でした。
*KSP-POS(食品SM)2021年11月1日週データ

 
本商品、もう少し早く試食できていればよかったのですが。
新商品ランキングとしては40週(10/4-10/10)では、菓子カテゴリーで4位、5位を占めていました。
最新週ではインパクトが落ちてしまいましたが、それでも試食せずにはいられませんでした。

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
土田編・・・今週も土田劇場におつきあいくださいm(__)m

サブタイトル「土田家 似た者家族話」

今回はポテトチップスである。
しかも、湖池屋ののり塩。
「他のポテトチップスを食べる機会はあっても、のり塩だけは湖池屋に限る」
かつてそう語っている友人がいて、湖池屋ののり塩を食べるたびに思いだす。

 

ちょっとオシャレに撮ってみた!?

ちょっとオシャレに撮ってみた!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品サイトを調べてみると、「のり塩」の誕生から60年を記念した商品についても
会社をかけて開発したものであることがわかる。

さっそく食べてみる。
うまい。
息子も手を伸ばしてくる
うまい。
妻も横から手をだしてくる。
うまい。

ちょっと待て!うまいしか感想ないのか!
もうちょっと気の利いたこと言えよ!
厚みがどうとか油っぽさがどうとか麹がどうのこうのとか無いの?

と聞いても、黙々と手を伸ばして
うまい。
うまい。
としか言わない。

しかしよく考えてみたら、正しいポテトチップスとは正面から向き合って閉じて味わうものではなく、
何も考えずに食べ、手が止まらないものではないか、
そんなことを考えているうちに
そして、あっという間になくなるザのり塩とザ麹塩。

ごちそうさまでした。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
服部編・・・なぜか、テンションがおかしい服部氏(ダイジョウブカナ?)

サブタイトル「仕事終わりの至福の時」

どうも服部です。
今回のお題はポテトチップス!
人よりも多く食べてきた自負もあり、ちょっとうるさいですよ~。

商品はこちら!
・KOIKEYA The のり塩
・KOIKEYA The 麹塩

 

土田氏と画角カぶってるww

土田氏と画角カぶってるww

 

 

 

 

 

 

 

 

商品名にtheを冠しています。湖池屋さんの本気度が伝わってきますね。
サブタイトルには、おフレンチかしらと思わせる「粗挽き焙煎唐辛子を添えて」とあり、
只者じゃない感がします。そういえばコロナ禍以降「~を添えて」という料理たべてないなぁ。

商品パッケージに着目。ポテチの画像ちょっとデカ過ぎません!?
こんなに拡大したポテチ見たことないです。
またスタンドタイプはここ最近の湖池屋さんの流行りなんでしょうかね。
売場での存在感も抜群でした。
まずはのり塩から・・・実食!!
金曜だしビールもプシュ
ビール旨っ
あ、今日はこっちお試しじゃなかった。

 

至福の時①

至福の時①

 

 

 

 

 

 

 

 

結構分厚い。この厚さのおかげか砕けてるチップが少ない気がする。
細かくなっているのも好きだけど、やっぱり大きいチップを
パリっと食べるのが美味しいんですよね。
食感は少しホクホクを感じます。食べ応え十分です。

のり塩味はいつもののり塩の旨味+ほんのりとした辛さがありますね。
ビール旨っ!
ビール止まりません
続いて麹塩・・・実食!!
もちろんビールおかわりです

 

至福の時②

至福の時②

 

 

 

 

 

 

 

 

食感がのり塩よりある気がします。堅あげポテトまでとは言いませんが、
噛み心地が強く感じられる・・気がする。もしかしてもう酔ってるのかな。

味は麹塩ってことですが、うーん麹はあまり感じられないなぁ。
そこはかとなく深みはあるんだけど。
(くるっと裏面を見てみる)
あれ!?塩味なのにみそ、昆布、かつお節ってすごい色んなの入っているじゃん!
道理で深みがあるわけだ(完全にあとづけです)

 

麹塩の原材料が気になる服部氏

麹塩の原材料が気になる服部氏

 

 

 

 

 

 

 

 

少し量は少なめですが、厚みのある食べ応え、後から追っかけてくる唐辛子の辛さが、
他の商品にはない満足感を与えてくれる商品だなと思います。

今回はとにかくビールが捗る捗るお試しとなりました。
いつものポテチおつまみを、ちょっとリッチにしようかなと思ったらコレですね。
ごちそうさまでした。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ジョン編

サブタイトル「この形式は説明型のお試しになる典型」

 

ここ数年高級感のあるポテトチップスを出し続けている湖池屋さん。
今回、パッケージに大きな紙のリサイクルマークがついています。
プラ分別不要で捨てやすくGoodです!
写真はポテチ1枚の大写し。拡大しても美しい商品ということが伝わってきます。
のり塩は刻んだのりがかけられていて、麹塩は唐辛子が控えめにかかっています。

 

お試し☆的に、正しい写真の撮影法

お試し☆的に、正しい写真の撮影法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のり塩を開けてみます。
しっかり分厚い? 簡単に崩れる感じはなく、食べやすそうです。
のり塩はコイケヤさんの主力フレーバーで、中途半端なものは出せないという気合いが伝わってきます。
口に入れるとのりの風味が強く、あとから唐辛子が追いかけてきます。

 

次は塩麹。
見た目は味がうすそうなプレーンに近い感じです。
塩粒も殆ど見えません。昔のポテチはもっと塩がかかっていたような気がします。
まろやかな味わい。塩味の強さは柔らかいです。

味わって食べるならのり塩かなという印象。
どんどん食べてしまうのは塩麹ですね。

2商品とも素材に香辛料を利かせた深い味わい。量は少なくても食べごたえは十分です。
2袋あるのに一気に食べられるポテトチップス、おつまみに良し、おやつに良し、午後のひとときに最高です。
ごちそうさまでした。

 

Tags: